サークルと部活の違いは?部活は強制参加でキツイ?どっちがおすすめ?

大学に入学したら誰しもが部活やサークルに入ることを考えると思います。

今回は両者の違いを比較し、あなたにとってどちらがおすすめかを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

部活とサークルの違いは?

Bukatu

一番の違いは、部活は活動を通して勝利や入賞といった実績を残すとを目的としていること、サークルの目的は活動を通して楽しむことでしょう。

もう一つあるとしたら、部活は基本的に強制参加で休むことはできない、サークルは行きたい時に行けばいい自由参加ということでしょう。

部活の特徴

Rensyuu

部活の特徴は先に述べましたが活動を通して結果、実績を残すことを目的としていることです。

また、学校の看板を背負って活動するわけですので学校側からいろいろな援助をしてもらえます。

特に財政面での援助は手厚いですね。僕が入っていたあるスポーツの部活は備品に何かとお金がかかりましたが学校側が負担してくれました。大会の交通費もいくらか頂いていました。

その分練習は週5日あったし、特に理由がなければ休むことができませんでした。(この場合の理由は病気とか、授業とかやむを得ない理由でバイトとか遊びに行くと言うことは理由には入りません)

大した強豪ではなかったですが、練習は正直大変でした(笑)

ただ個人的には部活に入らずにずっと遊んでいる友達をみて羨ましいとかは思いませんでしたね。

毎日顔をあわせる中で本当に信頼できる仲間が何人もできました。ただサークルでも同じような友人はできると思いますけどね(笑)

ただ、そういう関係の友人ができやすい環境ではあると思います。

その競技が自分の中では小さい頃から続けている競技で毎日できることはとても楽しかったです。

サークルの特徴

Sa kuru2
サークルの特徴はとにかく自由!

参加も自由で飲み会しかこないようなメンバーも多数いるようです。中にはサークルでも原則強制参加というところもあるようですが、所詮学校の看板を背負っているわけではないので大した負担になることはないでしょう。

結構実力はあるのに部活で毎日拘束されるのは嫌だということでサークルに入っている人もいましたよ。

また、大きい大学だと一つの競技でいくつものサークルがあることが多いようです。

自分のレベルと活動時間に合わせていいサークルを選ぶことができると思います。

注意したのはサークルの活動時間って結構とんでもない時間に設定されてたりします。

放課後の体育館や、グラウンドの使用権は部活動に優先権がある場合が多いのでサークルは当然それ以外の時間で使用することになります。

そのせいで平日の午前中とか絶対授業と被ってるでしょ!っていう時間に活動していたりします。

せっかく入ったのに時間が合わずに幽霊部員になる人も多いようですのでそこは要チェックです。

どちらがおすすめ?

大学時代に何を一番頑張りたいか!

Baske

一口に部活、サークルといってもいろいろなモノがあります。

学内限定のサークルだったり、いろいろな大学の生徒が集まるインカレサークルだったり、部活も毎日練習があるところ、週に2日しか練習がないところなど。。。

いちど正式に入る前に自分の目で実情を確かめてみるといいですね!

迷うくらいならサークルにしてしまえ

部活は簡単に辞めれない

Baske

今部活かサークルで迷っている人がいるならサークルに入ることをおすすめします。

部活動に入るということは学校の名前を背負って活動するということになるのでそれなりの責任が発生します。

ただ、その分学校側か活動資金を用意してもらえるのですが。。。(サークルだと外部のグラウンドや体育館を使用する際の使用料は自分たちで負担しないといけません。)

基本的に練習、活動には毎回参加が前提ですので入るか迷うくらいの思いのまま入部してしまうと続けるのが嫌になってしまうかもしれません。

また、部活って辞めるってなった時にすごく大変なんですよね。まず同期に辞める旨を話して納得してもらってその後、先輩や後輩に同じようなことを話して。。。その時部員は必死に引き止めてきます。

悪気があって止めてくるわけではないんですが辞めたいと思っている人間にとって引き止めてくるのを振り切って辞めることはかなりストレスがたまります。

その点サークルは自由参加の団体が多いので行きたくなくなったらそのままフェードアウトすれば大丈夫ですからね。

ただ、そのスポーツや活動を思い切り打ち込みたい人にとって大学の部活というのはこれ以上ない環境でもあります!

大学生活で一番頑張りたいことがその部活なら迷わず入って後悔はないでしょう!

部活は就職に有利!?

Mensetu

部活をやっているから就職活動に有利なのでは?という意見を見かけますが、これは正しくもあり、間違ってもいます。

よっぽどの有名な体育会系部活で、全国優勝を争うような部活なら成果を評価され有利になるかもしれませんがプロを目指すようなレベルではない部活の場合、部活に入っているからといって就職で有利になるということはありません。

OBさんがすごいから就職先を紹介してくれるかも、、、とか思うかもしれませんが、サークルのOBさんだってすごい人もいることでしょう。

企業の採用担当の方は、その人の人間性を見てくれています。

その時に、部活を一生懸命4年間頑張ってきた人と、特に何もせずにダラダラと4年間過ごしてきた人だったらどちらが採用したくなるか?という話です。

自分が何かに打ち込んで頑張ってきたことを一番相手に手っ取り早く伝えることができる手段が部活動だと私は思っています。

就職活動をする時にあまりピールすることがないな。と思ったら部活動を4年間休まずに続けてきた。というだけでかなりのアピールになるはずです。

部活に所属していることが就職活動に有利になるとは思いませんが、部活を4年間一生懸命続けたと言うことは絶対就職活動で有利になります。

まとめ

Yakyuu

迷うくらいならサークルに入れ!と書きましたが僕の本心としては是非部活に入って欲しいです(笑)

と言うのも勢いに任せて部活に入ったもののしんどくて辞めてしまった人を何人も見てきているからです。

引き止める方も大変ですし、辞める方も本当に辛そうでした。だから、迷うくらいならというよりは途中でやめてしまうくらいなら最初からサークルにして欲しいと言う方が正しいかもしれません。

ただ、非常にベタですが部活を4年間続けるということは自分の中で非常に大きな財産になります。

そのスポーツが好きとか、その音楽が好きで4年間続ける自信があるなら是非部活に入ってみてください!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です