パチンコで失うものはお金ではなく時間という話

スポンサーリンク

大学生はパチンコにはまりがち

まずは軽いノリで始める

ひま

大学生というのはひたすら時間があります。

そんな大学生の一番はまりがちな娯楽がパチンコ、スロット

別にパチンコが悪だと言うつもりは毛頭ありませんし、筆者としては節度を守って遊べばいいという考えです。

はじめはみんな先輩や友達に誘われてパチンコ屋に行きます。そこで大体の人は負けて一気に1万円とか負けてもう行かないという考えになりますが、中にはハマってしまう人もいます。。。。

一度の大当たりが終わりの始まり

Pachinko

大当たりは終わりの始まりです。

一度大当たりしたら一気に数千円、連チャンが続けばあっという間に数万円儲かってしまいます。

下手したら一ヶ月分のバイト代くらい儲かってしまします。

ベタな話ですが私がそうでした。

初めてのパチンコで4万円勝ち、次のパチンコで5万円勝ち。完全に自分には才能があると思い込んでしまいました。

完全にパチンコにハマってしまいました。

結局はマイナスへ

たった2日で9万円を稼いだ私でしたが、三回目では2万円ほど負けました。

その次は確か3万円ほど勝ちました。

トータルでは勝っている

そう思って打ち続けて最初の一ヶ月は最終的に10万円程度の勝ちでした。

しかし、ここでやめるわけもなく毎月、ほぼ毎日のようにホールに通い、一年間で50万円ほど負けました。

一生懸命ためていたバイト代はなくなってしまいました。

しかし50万円程度の負けで済んでよかったくらいに思っています。

一番失ったものは時間

Koukai

お金ももちろん失いました。50万円は大学生としては大金ですが人生長い目で見たら大した金額では無いでしょう。

それよりも一番私が失ったと考えるものが時間です。

パチンコ屋に行く時間をもっと自分のために使っていたら。。。

就職活動のための資格の勉強に使えばもっといいところに就職できたと思います。

そう考えると金銭面でも大きな損をしています。

大学生の間の時間って本当に貴重なものなんです。

社会人にもなって、毎日飲みに行ったり1ヶ月間海外に旅行に行けるなんて思いますか?

人生の夏休みとはよく行ったものですが、その人生の夏休みをパチンコに費やすのは非場に愚かな行為です。

パチプロの存在

確かにパチンコ、スロットのみで生計を立てている人はいる

Pachinko2

広い世の中、パチンコ、スロットのみの稼ぎで生活しているいわゆるパチプロと呼ばれる人は存在しているようです。

それでも、パチンコ全盛期の10数年前よりもかなり減ってきているようですが。。。

研究が必要

パチンコ、スロットで安定して利益を得るというのはとてもむずかしいことです。

釘の読み、ボーダーライン、天井、ホルコン等様々な要素があります。

はっきり言ってこれらをしっかり勉強して自分のものにするということは大学の勉強よりも難しいくらいかもしれません。

しかしそれを勉強したからといって必ず勝てるということは絶対ありえません。

パチンコ、スロットはあくまで確率、です。

ただ打つより勉強して打ったほうが確率は確かに上がりますが結局は確率でしかありません。

あなたはそんな確率だけの勝負事に人生かけますか?

それでも勝てる人は一握り

才能、努力、根気、時間。。。。

とてもたくさんの努力が必要です。

また、もしそれで生計を建てられるようになったとしても職業が無職になってしまいます。

大学生のうちなら学生という身分があるから良いですが、社会に出た時に身分がないというのはいろいろ困ります。

スロットで生計を立てているとあまり人に言いたくもないでしょうし、アパートを借りるのも一苦労です。

でもその努力ができるならもっと他にできることはあるはず

学生時代というのはある意味なんでもできる時間です。

遊び、勉強、旅行、恋愛。。。

その時間をパチンコなんかに使ってしまうのはもったいない思いませんか?

もし、パチンコで生計をたてれるほど真剣にパチスロの勉強ができるのならもっと他の事ができる能力があるはずです。

TOEICを頑張るもよし、研究を頑張るもよし、、ジムに通ってトレーニングをするもよし、他にもいろいろ頑張れることはあります。

以上が一度パチンコにハマってしまった僕からのメッセージです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です